クラックビーズ

クラックビーズとは、製造時まだビーズがとても熱い時に、
急に冷たい水につけて、その温度差によりガラスをわざと割る手法です。

うまくヒビが入ればそのビーズを再度あたため、表面をなめらかに仕上げます。
ヒビを入れる時にビーズごと割れてしまう場合も多く、
他のビーズに比べよい品質に仕上がる確率が低いため、高価なものになっています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

10